2型目、インド超長綿強撚の丸首Tシャツの販売を開始します!

170919-hofi-002-10

2型目、インド超長綿強撚の丸首Tシャツが出来上がったので販売を開始します!

こちらもメンズです。

詳しい説明はウェブサイトにUPしているのでそちらをご覧ください。
https://www.eppyarn.co.jp/hofi/

オンラインストアからご購入いただけます。
https://hofi.shop/

強撚糸で作っているので一番最初に洗濯した時は縦に3~4%ほど縮んでしまいますが、2回目以降は変化しません。洗濯機でがんがん洗えます。

天竺編みの生地は表地の肌触りが滑らかなので、今回は肌触りを重視して表地を裏側に使用しています。サラッサラの着心地です。

色はシンプルにシルバーグレイとネイビーの2色です。

前回のものよりもやや薄手に作っているのと、強撚糸の伸縮性で自然なストレッチ性があるのでインナーにも着ていただけます。

このTシャツに使用した素材についてはセールスポイントや開発途上のエピソードなど、お伝えしたいことはいっぱいありますがまずは何よりも一度袖を通していただきたいです。超長綿の強撚糸の肌触りは一度着たら病み付きになりますよ。

よろしくお願いします~!

新商品を作ってます。「フレンチリネン×ウール」光沢があって柔らかな初秋素材です。

lw

今年からストックサービスをはじめたサフィラン社のフレンチリネンがおかげさまで好評です。

このブログでも何度か書きましたが、一見して頂くだけでその価値感が伝わるのでプレゼンでも楽させてもらってます(笑)。

そのフレンチリネンをウールと組み合わせて秋の立ち上がり時期にちょうど良い商品を作成中です。 “新商品を作ってます。「フレンチリネン×ウール」光沢があって柔らかな初秋素材です。” の続きを読む

染色のお話の続き。最近なぜか度々質問を受けるカチオン化綿のこと。

034
これまた最近良く聞かれる質問で、「カチオン化綿を使うと何でメランジに染められるのですか」というのがあります。

染色の話になると化学の要素がいっぱい出てきて話が急に分かりにくくなります。

仕事のミーティングのときにも出来るだけ簡単に話すように心がけていますが、自分自身きっちりと理解できていないことも多く、話しているうちに迷宮入りすることもしばしばです。 “染色のお話の続き。最近なぜか度々質問を受けるカチオン化綿のこと。” の続きを読む

糸の染色について時々質問を受けるので、ちょこっと書いておきます。

衣料用途の繊維にはいろんな種類があります。

天然繊維と呼ばれる綿や麻、羊毛、絹などに加えて、合成繊維にはポリエステル、ナイロン、アクリルなどが有り、再生繊維にはレーヨンやトリアセテートなどがあります。

それぞれの繊維を染めるための染料や染色方法は違っていて、その違いによって糸の発色に色んなアレンジを加えたり出来る反面、色んなトラブルが発生したりします。 “糸の染色について時々質問を受けるので、ちょこっと書いておきます。” の続きを読む

東大阪繊維研究所のウェブサイトを開設しました。

117

東大阪繊維研究所のウェブサイトを開設しました。
https://www.eppyarn.co.jp/hofi/

自分でサイトを作って開設してはみたのですがどうやらスマートフォンでは上手く表示されないらしく、知人のプロの方に作り直しをお願いしているところです。

スマートフォンの方は少し見にくいですが、端末の画面を90度傾けて横向きにすると見やすいようなのでしばらくはその形でお願いします。 “東大阪繊維研究所のウェブサイトを開設しました。” の続きを読む