コットンリネンのモンスターオンスTシャツに使われている素材をご紹介したいと思います。-高品質なTシャツは質の良い素材から-

東大阪繊維研究所では現在2種類のモンスターオンスTシャツを作成中です。

一つはペルーコットンの超長綿を使用したコットン100%のタイプで、もう一つはリネンとコットンを両面編みしたタイプです。

今回はこのコットンリネンの生地に使っている素材についてご紹介したいと思います。

“コットンリネンのモンスターオンスTシャツに使われている素材をご紹介したいと思います。-高品質なTシャツは質の良い素材から-” の続きを読む

モンスターオンスの生地が取得した怪物級の「破裂強さ」のデータについて。-最強に頑丈なTシャツを作るためのデータ検証-

先日モンスターオンスTシャツの生地に関する様々な物性試験を行っていることをこのブログでご紹介しました。

モンスターオンスの生地が取得した怪物級の物性データについて。-最強に頑丈なTシャツを作るためのデータ検証-

今回また新たに「破裂強さ」に関するデータを取得したのでご紹介したいと思います。 “モンスターオンスの生地が取得した怪物級の「破裂強さ」のデータについて。-最強に頑丈なTシャツを作るためのデータ検証-” の続きを読む

当社では丸編みの生地も販売しております。

当社では主にコットンやリネンなど春夏のニット糸を取り扱っております。

ニットというのは大雑把に言えば編み物のことです。

編み物と言ってしまうとご家庭で手芸として楽しむ手編みを想像される方も多いでしょうか。

当社で販売している糸はいわゆる機械編み用なので、この手芸用の糸とは少し違っています。 “当社では丸編みの生地も販売しております。” の続きを読む

丸編みの現場はこの時期ものすごく寒いです。

194

当社が生地作りをお願いしている丸編み工場さんは岐阜県にあります。

愛知県との県境に位置する町です。

岐阜県では飛騨高山や白川郷といったところが有名でしょうか。

いずれもわりと豪雪地帯で冬場になったら町は真っ白になります。 “丸編みの現場はこの時期ものすごく寒いです。” の続きを読む

生地の試作の現場。物が形を変えていく様子を見ているだけでワクワクします。


171211-048

東大阪繊維研究所のTシャツ作りは糸作りからスタートします。

糸は主に当社社内の設備で加工して仕上げます。色々なアイデアを出して工夫を凝らして、これだ!と思う糸を完成させます。

そうやって出来上がった糸を生地にするのがニッターさん。

ニットする人=ニッターさんで、糸を生地に編みたてる工場さんのことを指しています。 “生地の試作の現場。物が形を変えていく様子を見ているだけでワクワクします。” の続きを読む