本文へスキップ

堅牢簡素なTシャツ
東大阪繊維研究所

コンセプトABOUT US

東大阪繊維研究所 → 糸屋が始めたTシャツのブランドです

大阪府の東部、東大阪市の糸屋がTシャツを原材料の糸から作っています。

丈夫で長持ちするTシャツを作るには丈夫な生地が必要で、丈夫な生地を作るには丈夫な糸が必要です。

柔らかで肌触りの良いTシャツは、柔らかな糸がなければ作れません。

Tシャツを作るためには、そのための糸から作る。

とても基本的なことです。

上質な糸で頑丈に作ったTシャツは着れば着るほど肌に馴染んで着心地が良くなります。

デニムジーンズの色落ちを楽しむ人が時々育てるという言葉を使います。

デニムのようにTシャツを育てる、

そんな気持ちで着てもらいたいTシャツです。

作りたいTシャツ → 頑丈でシンプルなデザイン、すなわち堅牢簡素なTシャツ

Tシャツを作るに当たって、シンプルで使いやすく長持ちするものを作りたいと考えています。

もちろん肌ざわりや着心地も大切にします。

初めて袖を通したときの着心地だけではなく、何度も着て着古したときの着心地も大切にしています。

そのために、

単に高級な素材を使うのではなく、

奇抜にデザインされた製品を作るのではなく、

不自然な特殊加工を施すのではなく、

不必要な機能を付加するのではない。

糸屋として培ってきた原材料の選定・撚糸・染色などの技術を生かして適切なバランスで作るTシャツ。

出来上がった商品はシンプルで普段気軽に着られるものであって欲しい。

だからこそ普遍の価値や魅力を備えたものにしたいという願いをこめてTシャツを作っています。

会社案内BRAND / company

ブランドネームの由来 → 東大阪繊維研究所 HOFI [Higashi Osaka Fiber Institute]

東大阪繊維研究所を運営するエップヤーン有限会社は大阪府東大阪市に立地するニット糸の企画・製造・販売会社です。

東大阪は知る人ぞ知るものづくりの町で、旋盤加工や金型作成など工業用部品を製造する中小零細企業が多く集まっています。

全国的には無名なこの町ですが、そこで作られている部品は社会生活に必要不可欠なものばかりで、国内産業の技術基盤を支えるとても重要な役割を担っています。

この町のものづくりに対する情熱や自分たちが日本の産業を支えているのだという心意気は、この町から最高品質のTシャツを生み出して日本全国に、そして世界に広めたいという我々の思いを伝えるのにぴったりのイメージだと感じ、ブランド名に[東大阪]の文字を入れることにしました。

そして、最高品質のTシャツを作るのに最適な糸を作り出すべく創意工夫を重ねる姿勢を表現するために[繊維研究所]という言葉を選びました。

エップヤーン有限会社

2000年8月創業、春夏向けの天然素材を中心に、横編みニット用途の加工糸の企画・製造・販売を主な業務内容としています。開業当初から社内に試験撚糸機、編み機、染色に必要な薬剤等を備え、繊維の物性や機能について多角的な研究と開発を続け、より良い糸の製造を目指したものづくりを続けています。


会社概要

社名
エップヤーン有限会社
東大阪繊維研究所 事業部
代表者
筒井 利彦
本社所在地
〒578-0984
大阪府東大阪市菱江2-3-32
TEL. 072-968-8615
FAX. 072-968-8616
資本金
300万円
設立
2000年
従業員数
8名(2020年1月現在)



shop info店舗情報

〒578-0984
大阪府東大阪市菱江2-3-32
TEL.072-968-8615
FAX.072-968-8616

HOFI
[Higashi Osaka Fiber Institute]

2-3-32, Hishie, Higashi-Osaka,
Osaka, Japan
Zip.578-1984
TEL.81-72-968-8615
FAX.81-72-968-8616




東大阪繊維研究所 -note-



「東大阪繊維研究所」のTシャツが東大阪ブランドに認定されました!

東大阪ブランドウェブサイト